保育園児だったころ

c0240772_20361757.jpg


年寄りは昔話が好きだ。という理由から、今日は保育園児だったころの事を書くことにしよう。



この絵は保育園児だった時に描いたもので、唯一残っている子供時代にしたお絵描き。
母は、将来この子の為に、と様々なものを残しておくようなタイプではなかったし、引越もしているため、ほかの物は残っていない。

絵を見て、自分自身を描いたのだなあ、と微笑ましく感じつつ裏をひっくり返してみると、先生のものと思われる文字で、保育園の名前、わたしの名前、それから。
『となりのYちゃんが遊んでいるところ』
と、書いてあった。
なるほど。となりのYちゃんか。

当時、わたしは両親とK市の市営住宅に住んでいた。
産まれてから小学二年の一学期までを過ごし、共働きの両親が帰ってくるまでの時間を、隣のKちゃんYちゃん姉妹の家で面倒を見てもらっていた。ちょうど年齢が近かったこともあり、わたしは二人を本当の姉のように慕い、とても好きだった。

N市に家を建て、引越すことになったとき、わたしは二人のいない毎日が恐ろしく、わたしだけ市営住宅に残りたいと懇願したがもちろんダメで、暫らくの間は泣いて暮らした。

手元には残っていないが、ちいさな頃の写真はいつもその姉妹と写っている。
この絵を描いた当時のことは記憶にないが、わたしの世界の中心は、KちゃんYちゃんだったんだと、あらためて感じるのだった。

わたしは、その姉妹にとても甘えていて、いたずらの罪をなすりつけたこともある。
わがままも言ったし、ひどいこともした。
それでも、姉妹からひどいことをされた記憶はまったくない。笑顔しか覚えてないし、お昼ご飯を作ってもらった記憶もある。

何十年もたっているけれど、あの時車に10円玉でぎーっと傷をつけたのはわたしです。
ごめんなさい。YちゃんKちゃん、それからおじさん。
[PR]
by star_fishy | 2012-02-26 23:49 | 思い出話


ばばが記録する、雑多な日常。iPhoneからの投稿なので写真がすこしブレたりしてます。あしからず。


by star_fishy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

いったん終了
at 2012-10-01 20:19
朝顔の観察日記 9月23日
at 2012-09-23 14:47
朝顔の観察日記 白地に。
at 2012-09-21 15:02
朝顔の観察日記 9月20日
at 2012-09-20 07:32
今朝の愛犬
at 2012-09-15 10:22

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧